長く大切に使うために!長期優良住宅の認定を受けた注文住宅

5月 26, 15 • 未分類長く大切に使うために!長期優良住宅の認定を受けた注文住宅 はコメントを受け付けていません。Read More »

注文住宅で増える長期優良住宅

近年、注文住宅を建てる際に、長期優良住宅の認定を受ける人が、急速に増えてきています。長期優良住宅というのは、2009年6月に施行された長期優良住宅法によって創設された、住宅の認定制度のことです。この制度は、良質な住宅を長期間にわたって大切に使い続けるということを目標にしてつくられました。具体的には、国が定めた認定基準を満たす住宅の計画を、自治体が認定し、認定を受けた住宅は、税制や補助金などの、さまざまな優遇を受けることができます。そのため、注文住宅を建てる際に、その認定を受ける人が増えているのです。

長期優良住宅の認定を受けるためには

注文住宅を建てる際に、長期優良住宅の認定を受けるためには、技術的な基準を満たしていることを示す書類を準備して、自治体などに申請することが必要です。そうした申請には、書類の作成なども含めて、およそ10万円から20万円程度の費用がかかります。ただ、その認定を受けることによって得られる、税制や補助金などの優遇は、もっと大きなものとなるため、十分にお得な制度であると言えます。申請書類の作成や、手続きなどは、設計事務所に依頼するといいでしょう。

多岐にわたる認定基準

長期優良住宅の認定を受けるための基準は、注文住宅を長く使い続けるために、多岐にわたって定められています。それは、耐震性能や劣化対策などといった、物理的な側面にとどまらず、省エネルギー性能のような社会的資産として重要となる項目や、点検や修繕などの維持保全計画の策定なども求められています。さらには、修繕やリフォームなどの履歴を記録、保存するといったことも必要になります。こうしたことは、税制などのメリットということだけではなく、せっかく建てた注文住宅を大切に使い続けようと考えるきっかけにもなるため、とても重要な仕組みであると言っていいでしょう。

注文住宅は、自分の好みや予算に合わせて、建築素材やデザインを選べますので、希望する人はとても多いです。

Comments are closed.