内容を把握しておこう!外壁塗装更新工事の作業

5月 27, 15 • 未分類内容を把握しておこう!外壁塗装更新工事の作業 はコメントを受け付けていません。Read More »

塗装作業のための仮説足場設置

外壁塗装を実施するには、対象の建物の全体に塗装する必要があるため、仮説足場が必要になります。足場の種類には単管足場や枠組み足場など、外壁周りの周辺のスペースに応じて足場の種類を選定する必要があります。比較的スペースが広い場合は、枠組み足場を利用して塗装作業を行う人の安全面や施工性を良くすることが大切です。止むを得ず枠組み足場が設置できない場合は単管足場を組み、狭いスペースでも作業できるように計画しなければなりません。敷地条件や建物周辺の状況によって足場計画が変わり、それに伴って外壁塗装工事の費用も変動するのですよ。

既存の塗膜の撤去作業

外壁塗装を更新する際は、既存の塗装を綺麗に除去することが必要となります。既存の塗膜には下地との間の浮きや、亀裂などが発生しているため、適切に除去して下地の状態を平滑にしておくことが重要です。そのまま塗装してしまうと、浮いている部分や亀裂が発生している部分から、塗装が剥がれやすくなるので、注意が必要です。外壁塗装の更新工事の際は、既存塗膜を撤去するために、高圧洗浄という水を用いた除去方法を用いますので、見積もりに撤去費用がしっかり見込まれているかどうかを確認しておきましょう。

窓枠や扉周りのシーリング工事

外壁塗装の更新工事においては、窓枠や玄関扉、掃き出しサッシなどの建具の周辺のシーリングも同時に更新することが必要です。これらの建具周りには、建物が地震の揺れで動きやすくなるため、シーリングというゴムのような素材を施工しています。このシーリング自体も外壁からの雨や太陽光の紫外線により劣化しますので、外壁塗装の更新工事の際に同時に打ち替えすることが効率的となります。外壁塗装会社の見積もりに含まれていない場合は、シーリングの打ち替え工事も実施してもらうように交渉しましょう。

屋根や壁の老朽化が目立つなら、外壁塗装を千葉で探して、価格と実績が納得できる業者に依頼することをおすすめします。

Comments are closed.