飲食店はバイトの管理でお店の印象も変わる

7月 29, 15 • 未分類飲食店はバイトの管理でお店の印象も変わる はコメントを受け付けていません。Read More »

従業員の主力は若いバイトたち

飲食店にはランチやディナーといった集客のピークタイムがあり、その時間帯は多くのバイトが作業に当たることになります。基本的に薄利多売な商売ですのでお店の中に正社員はごくわずかで、大半がバイトということも珍しくありません。つまりお店を運営するにあたりバイトの力は不可欠であり、しっかりと人材を確保して一人前に育てていかなければなりません。人手が足りなくなるとお店の運営も立ち行かなくなってしまうこともあります。

マニュアル化と研修の必要性

バイトを一人前に育てていくのは大変です。特に業界未経験であれば、一から教育をしなければなりません。その際に作業の量が多く煩雑であればあるほど、時間は掛かってしまいます。そして時間が掛かればそれだけコストも掛かりますので、なるべく速やかに教育を終えなければなりません。そのためにも、作業をより効率的に、そして簡潔にした上で、徹底したマニュアル化を行ない未経験であろうと速やかに作業を覚えることができるようにしなければなりません。

シフトに穴を空けないために

シフトを作成する際には必要人数を時間帯ごとにきちんと確保しなければなりません。人手が足りない状態ですとお店を円滑に回せなくなってしまうためです。そこで手段として学生やフリーター、主婦など様々な層の人材を採用することです。それぞれ働くことができる時間は異なりますので個々の都合を採用をする際に把握し、シフトを順調に組み立てることができるかどうかを判断していくのです。そのためにも、どの時間帯にどれだけの人数が必要なのか、正確に把握しておきましょう。

飲食店の譲渡をする際には手続きなどをサポートしてくれる専門の不動産の業者を利用するとスムーズに行えます。

Comments are closed.